English Page English 
  
メインメニュー

目黒会支部ホームページ
QRコード

QR Code

携帯電話で目黒会のWebサイトをご覧になる場合は、このQRコードを読み取ってご利用下さい。

サイト内検索

事業内容 - 第68回(平成23年)目黒会定期総会報告

第68回(平成23年)目黒会定期総会報告

カテゴリ : 
定期総会 » 平成23年以降の定期総会
執筆 : 
admin 2011/4/25 23:00

第68回(平成23年)目黒会定期総会報告

社団法人目黒会 第68回定期総会開催報告

5月24日、例年同様、創立80周年記念会館(愛称「リサージュ」)見学会、東日本大震災について思うことと題しての梶谷学長の特別講演会に引き続き、午後5時20分より、第68回定期総会が開催されました。
議長の安田目黒会会長のご挨拶の後、平成22年度の収支決算報告及び事業報告並びに平成23年度の収支予算と事業計画が決議承認されました。つづいて第4号議案「法人移行に関する基本方針」について説明が行われました。詳細は会報23-1号にも説明しておりますが、「一般社団法人」へ移行する方針が承認されました。また今年度は理事1名の新任と監事1名の改選が行われ、その就任が承認されました。更にこの総会において、目黒会四国支部及び米国支部設立の承認が求められ、承認されました。
この後、大学会館2階「生協食堂」において大学側より梶谷学長以下理事4名、副学長2名を始めとする教職員29名をお迎えして、出席者総勢58名、山森信生専務理事の司会のもと、懇親会が開かれました。会は安田会長、梶谷学長のご挨拶と辻総務担当理事の乾杯のご発声で盛大に開始されました。目黒会新任監事として就任された小林調布市副市長、萩野理事、阿部副学長、新任の熊谷施設課長・長津学生課長・樋口学術情報課長にご挨拶を戴き、高島副会長の中締めで盛会のうちに午後8時お開きとなりました。
(江尻/記)
 
平成23年度事業計画書ならびに収支予算要旨
 
◎平成23年度社団法人目黒会基本方針
 1)新法人化へ向けての方針を定め、規則を整備し移行準備を加速いたします。
 2)国内外に新支部を設立し、正会員増強に努めます。
 32018年度100周年記念事業に向けた活動を大学とともに、準備段階へ移行いたします。
 4ICT活用および委員会活動を活発化させ、会員相互の交流とさらなる会員満足度の向上を図ります。
 
 平成23年度事業計画について
【社会事業】
(1)   企業研究誌を発行し、在学生及び卒業生の就職を支援する。
(2)   企業研究展示会を実施し、各企業の特徴を学生に理解させ学生の企業選択に資する
(3)   移動体通信研究会を開催して、非会員を含む広範な参加者に移動体通信分野の最新情報を提供する。
(4)   大学の産学官連携センター主催の研究開発セミナーなど各種セミナーを後援する。
(5)   地域活動に支援・貢献する。(調布少年少女発明クラブ、子供工作教室、おもちゃの病院など)
(6)   80周年記念会館2階展示室の運営を支援する。
【育英事業】
(1)   大学セミナー・研究会・学園祭等の大学行事に協力・支援する。
(2)   より学生の希望に合った企業に就職できるように、模擬面接などの個人指導を行う。
(3)   OBによる分野別就職相談会を充実させ、より多くの学生に呼びかける。
(4)   同窓会賞(社会に貢献した同窓生)、目黒会賞(大学院修了・学部卒業の成績優秀な学生)の表彰を継続して行う。
(5)   海外からの外国人留学生、または海外への日本人留学生を経済的に支援する。
(6)   「博士課程への社会人入学制度」について会報などを通して積極的に支援する。
【広報事業】
(1)   年2回会報を発行し、ホームページを定期的にリニューアルし一部英文化することにより、海外支部を含めて会員間相互の連携を強化する。
(2)   支部活動の充実・活性化を図り正会員増加の一助とする。
(3)   目黒会ホームページに支部活動、サークル活動などのホームページを提供する。
【各事業共通】
(1)   2018年に向けて、大学と共に創立100周年記念事業の準備を開始する。
(2)   ICT委員会へ各委員会および事務局から委員を参加させ横断的活動を充実させる。
(3)   新法人化に対応できる会計システムの運用を検討し、管理会計機能を充実させる。
(4)   会員情報管理、会費情報管理を充実させ、各種問い合わせに迅速に対応できるようにする。
(5)   新支部の調査を行う。
 
 平成23年度予算について
(1) 通常業務に関する予算は、対前年度比 90%以下とする。
(2) 会員増強(会費収入増大)に関わるものついては、費用対効果の関係で検討する。
(3) 新法人化対応については、特別予算を立てる。
(4) 100周年事業関連については、中長期計画に基づき、来年度以降予算を立てる。
(5) その他目黒会の活性化に向けて必要な事業については、費用対効果の観点で検討し適切な計画を立てる。
以上
 第68回定期総会において承認された「目黒会役員」、及び「財務諸表」は以下のリンクから参照ください。
 

平成23年度目黒会役員一覧

平成22年度財務諸表

トラックバック

copyright MEGUROKAI 2011-2012 All rights reserved .